Search
  • werksn

読書のすすめ1

本をご紹介します。

『ケーテ・コルヴィッツの日記ー種子を粉にひくなー』 鈴木東民=訳

                                 / (株)アートダイジェスト/ 2003初版

ケーテ・コルヴィッツ/Käthe Schmidt Kollwitz(1867-1945)はドイツの女性版画家、彫刻家です。

貧しい人々の生活や労働を描き、母として・女性としての苦闘を数多くの作品に残しました。戦争で息子や孫を奪われた、彼女の日記(1909-1945年まで)が翻訳されています。

ベルリン・ウンターリンデン通りにあるノイエ・ヴァッヒェには天窓があり、コルヴィッツ作「ピエタ」(死んだ息子を抱きかかえる母像・1937年作)が建立されています。

「戦争と専制政治の犠牲者を偲び、犠牲者のことを思う場です...........」とはじめに

紹介されており、たくさんの訪問者が訪れる場所です。

過去に起った戦争などの過ちを私たちは決して忘れてはいけない。彫刻を前にメッセージが伝わってきます。ケーテ・コルヴィッツは20世紀前半の尊敬すべき芸術家の一人でしょう。

ぜひ手にとってお読みください。

コロヴィッツ本紹介.JPG


0 views0 comments